むぎょうの受験体験記

むぎょうの受験体験記

浪人生活を記録していくブログです。

東大受験生が考えた、数学を学ぶ意義

f:id:ARBmugyou:20190429233835j:plain

 

こんばんは、むぎょうです。

 

今回は、学校でよく耳にする、あるいは口にする「数学を学んで何の役に立つの?」に対して、僕なりの明確な答えを示そうと思います。 

 

数学の楽しさ

 本題の前に、僕が数学が楽しいと思えたことを話します。(つまり自分語り)

高校3年になるまでは、ぶっちゃけ楽しくなかったです。

授業でも塾でも公式を用いたパターン問題ばっかりだったので、一応テストの出来は良かったですが、つまらないと思ってました。

 

でも高3になって基礎が完成したときに、初めて数学を解いててワクワクを感じました。

自分の基礎というピースをパズルのように並び替えて当てはめながら応用問題を解いていく。

数学にパズルゲームのような面白さを見出だせるようになりました。

 

数学を学ぶ意義

1,問題解決能力の向上

まず1つ目として、問題解決能力が養われることが挙げられます。

基本的に数学の問題にはスタートとゴールが示されていますが、「与えられた条件から分かること」と「ゴールにたどり着くのに必要なこと」を結びつけることで、スタートとゴールまでの道のりが見えてくるのです。

 

一般に解きづらい問題は、「与えられた条件」が少ない場合と「ゴールにたどり着くのに必要なこと」が見えづらい2パターンが考えられます。

その状況で道を見つけていくことで、問題解決能力が養われていきます。

これは数学だけに当てはまる力ではなく、あらゆる問題(例えば勉強スケジュールやスポーツ)を解決する際にも役立つでしょう。_φ(・_・

 

2,論理的思考力の向上

 2つ目に、論理的思考力が身に付くことが挙げられます。

数学は、論理的に正しいことを1つずつ重ねることが重要です。

一貫した論理を掴む、重ねることでこの論理的思考力が身に付いていきます。

 

この能力は、他分野を体系的に理解したり、物事の流れを把握するのに役立つでしょう。(例えば英語や社会、文章読解など)

また、この力によって捨象、抽象を正しく行うことができるようになります。

物事の筋を見るには、要らない部分を捨象し重要な部分(対立や並列)を抽象化していく必要があります。

現代文においてこの力が最も要求されますが、数学によってもある程度鍛えることは可能です。ヽ(`Д´)ノ

 

以上のように、数学によって養われる力で被る恩恵は多岐にわたります。

 

大受験生が身近に感じる数学の意義

上に挙げた2つの意義はよくある一般論です。

それらを理解しながら、それでも数学の意義が分からないという人もいるでしょう。

 

ですが、数学の現実世界への貢献度合いを考えると、数学の意義を感じざるを得ないと思います。

例えば受験数学レベルでは微分方程式が挙げられます。

本当は物理から派生した計算方法ですが、数学に違いありません。

 

あらゆる物理現象は微分方程式で表され、微分方程式を使うことで気象や地震、機械、システムにも応用が可能です。

微分方程式を学んでいながら数学の意義を疑うのは、正直学が足りないと、浪人生から言われても仕方がないですね。(^_^;)

 

レッツインテグラル∬