むぎょうの受験体験記

むぎょうの受験体験記

浪人生活を記録していくブログです。東大理一志望。

【臥薪嘗胆の思い】とある鉄緑生の、東大不合格体験談

f:id:ARBmugyou:20190417224856j:plain

 

 

おはようございます、むぎょうです。

今回は他受験生の参考に少しでもなればと思い、墓場まで持っていきたいレベルの、東大に落ちたエピソードを赤裸々にお話します。

 

・受験勉強期

受験勉強を本格的に始めたのは、高2の冬休みからでした。

塾と学校の生活、人間関係のバランスが自分の中で崩れてしまい、

精神が不安定な中、学校の期末で赤点取ったのがきっかけです。

  

塾や周囲の友達、家族の影響で自然と東大を目指すようになり、

当時「理一は楽勝」という、超楽観的な考えを持つに至りました。

この時点からお恥ずかしい(・_・;)

 

塾のペースに付いていくことが勉強するモチベだったので、

12月の塾の最終授業が終わるまでは学力的にまあ順調だったと思います。

 

東大模試でも夏はAとB判定、秋はDとA判定で

理一は合格圏内だと高を括ってました

(両方とも順番に、河合、駿台の結果です)

 

ここから段々と、受験に対する甘い態度が本格化していきます。

 

センター試験、そして東大本番まで

僕がセンターの過去問を解き始めたのは、センターまで3週間切ってる

1月1日からです。

その時期は本気で焦っていたので、めちゃくちゃ勉強しました。(๑`^´๑)

 

結果は、795/900(リスニング抜き)。

800には届かなかったけど、十分だと思いました。

 

センターという重荷が外れ、気を抜いてしまった時期。。

長期間抱いてきた「東大は楽勝」だという思い込みが悪化し、

東大2次まで緊張感なく、怠惰な生活を送るようになりました。

_(:3 」∠ )_

 

f:id:ARBmugyou:20190418005030j:plain

2/18 東大一週間前に撮ったスクショ

 

1日平均6時間iPadを使う生活に、、、((((;゚Д゚))))

実は、気迷ってセンター1週間前にYouTubeに課金し、

ノーストレス下で実況動画ばっかり見てました。

(4月に解約しました)

 

f:id:ARBmugyou:20190418005036j:plain

2/27 東大2次の翌日に撮ったスクショ

 

なぜ、こんなに自堕落な生活を送るようになったか。

それは、最小努力で東大に受かってやろうと、カッコつけはじめたからです。

 

そして、運命の決まった合格発表の日。

自分の番号が無くて愕然としました。

いや、当たり前だろ∠( ゚д゚)/

 

以下、得点開示のハガキです。

 

f:id:ARBmugyou:20190418011327j:plain

紛失したけど、写真撮っておいてよかった〜

 

合格者最低点まで2.5点、、

こうして僕の手元には何も残らず受験は終わり、強烈な虚無感に蝕まれました。

 

・自己分析、今の心境

あの合格発表の日から、落ちた原因を何度も何度も考えました。

それがきっと将来の大勝負のとき、同じ失敗を繰り返さないことに繋がると信じて。

 

細かいレベルでは色々ありますが、決定的だったのはやはり

高を括ってしまった点にあると思います。

要は勉強材料や環境要因でもなく、自己分析の甘さや心の持ちようでした。

 

順天堂医院院長の天野篤先生がご執筆なさった、

「あきらめない心ー心臓外科医は命をつなぐ」

という本の中に、余裕と高を括ることについての文章があります。

先生ご自身も3浪しているので、非常に興味深く、また参考になる

文章は多かったのですが、この部分は心に響きました。

ぜひ読んでみてください。

 

閑話休題

親不孝な息子として、筆舌に尽くし難い親に対する感情を

拭える日は来るのだろうか、、、

いや、拭えないとしても、早く立派な大人になって少しでも恩返しがしたいと、

そう切望しながら、日々勉強を続けています。

 

自分語りが多くなってすみませんでした。

この僕を反面教師にして、一緒に頑張っていきましょう。

(((((((((((っ・ω・)っ ブーン