むぎょうの受験体験記

むぎょうの受験体験記

浪人生活を記録していくブログです。

【条件英作文②】東大入試から学ぶ条件英作文(基本)

f:id:ARBmugyou:20190514174531j:plain

 

こんばんは、むぎょうです。

 

今日予備校の隣の人とめっちゃ話せて嬉しかったです!

この一年共に頑張る仲間が増えて嬉しいな٩(ˊᗜˋ*)و

 

前回の記事も含め「自由英作」としていた箇所を「条件英作」に書き換えました。

今回から東大過去問を使って条件英作文の解法を紹介していきたいと思います。(鉄緑式)

 

 

東大条件英作文の真髄

  

条件英作文全ての問題に共通して重要なのは「問題文をよく読み、出題者が求めていることを書くこと」です。

これさえしっかり守れていれば、最低限の得点は確保できます。

 

条件英作文は自由に書けるように見えますが、問題文の中に「隠れた条件」が存在し、書くべきことが決まっていることが多いです。

まず隠れた条件を抜き出す練習をしましょう。(2回ほど)

 

 

条件を見つける①

 

では、次の問題を読んでください。

 

f:id:ARBmugyou:20190514184539j:plain

東京大学(1997)

 

内容を読まなくても思いつく条件は

  1. 文の始まりから書くので大文字スタート
  2. 答案にピリオドを打ってはいけない

この2点ですね。 

 

では具体的な内容から攻めましょう。

下線部直後はThis is why…で始まっています。

つまり下線部には

restaurants owners have decided to boycott products advertised during televised matches.

原因を書けばいいでしょう。

 

また下線部直前に

But a few years ago games began appearing on TV on Saturdays as well as on Sundays.

とあるので、下線部はこの結果である必要もあります。

 

よって、

「土曜日も試合がテレビで行われるようになった」→「下線部」→「レストランのオーナーが怒っている」

という因果関係を示せばいいので、「外食する人が減った」という内容がベストと分かります。

 

これだけで安心してはいけません。

英語表現の条件も問題文中に隠れています。

 

まず注目すべきは一行目のtraditionallyという単語。

この1語に注目すると、今回のキーは変化です。

よって下線部には変化を表す表現を入れたほうが良いでしょう。

 

また、直前の文の動詞はbegan。直後はhave decidedです。

これらから下線部が変化の途中である現在完了形を用いればいことが分かります。

 

以上の隠れた条件を汲み取った回答例(2つ)は次のようになります。

So fewer and fewer people have been dining out on Saturday nights(12 words)

As a result, the number of those eating out on Saturday nights has greatly decreased(15 words)

 

これらの回答では、更に隠れた条件を汲み取って

  1. 土曜の夜というワード
  2. 因果関係を示すフレーズ(SoやAs a result,)

を入れました。

 

 

条件を見つける②

 

次の問題はめっちゃ短いですよ(^_^;)

 

f:id:ARBmugyou:20190514195017p:plain

東京大学(2012)

 

先程の問題と比べて隠れた条件は少ないですが、その分見落とすと痛い失点に繋がります。

 

絶対に気づかないといけないのは、仮定法を用いること。

一般的に言えることとして、動詞を書くときは時制・法に気をつけましょう。

 先程は現在完了形で書きましたね。

「もし他人の心を読めたらどうなるか」という仮定は、現実に起こりえないことです。

よってこの仮定を前提にした事象は全て仮定法で書かなくてはいけません。

 

また、「他人の心を読めたら」の主語の設定は必要でしょう。

世界で自分1人だけが「他人の心を読める」のか、全ての人ができるのかで大きく内容は変わります。

どの設定で解釈しても大丈夫ですが、どちらかに統一して一貫した内容を書きましょう。

 

この手の自分なりの解釈で設定して書かせる問題は、

「説得力」「一貫性」「表現力」

が評価の基準になってきます。

英文を書き終わったら、この3点が満たされているか推敲しましょう。

 

語法上の注意として、動詞はunderstandやknowではなく、readやtellを使うほうが良いです。

「心のなかをまるごと覗ける」ことを表すには、readやtellが最適で、understandやknowは「相手の心を推し量る」程度の、普段私達がやってるレベルを表します。

追加で言うと、一般人称はweではなくyouを用います。

 

回答例は以下の通りです。

If you could read other people's minds, you would have no peace of mind. You would have to be always aware of what others think of you, and would often get discouraged by their negative opinions of you. This would be terrifying. You would definitely end up limiting your social life, or cutting yourself off from society altogether. (58 words)

 

細々としたポイント

 

今回上げた2つの問題は基本的な問題ですが、それでもピックアップできなかったポイントをここで取り上げます。

  1. 同じ表現の繰り返しは避ける。
  2. 文章は抽象から具体へと流れるように書く。
  3. 相手に何かを伝えようという野心を持つ。

 

この3点は採点者が文章をストレス無く読んでもらうための配慮に直結します。

特に3が重要です。

 

f:id:ARBmugyou:20190514202333p:plain

東京大学(2013)

 

文法上の欠点は置いといて、次のような回答があったとします。

I think friendship is the most important. There are two reasons. Firstly, you can enjoy daily life with your friends. You can go shopping, go to the movies or play any sports with your friends. Secondly, your friends may help you. When you feel sad, they may make you feel comfortable.

……つまらないですよね。。(。・_・。)

 

このような内容が無い回答が書ける原因は、東大のお題の条件が緩いことが上げられます。

あまりにも自由度が高すぎて、何を書いていいか分からなくなってしまう。

こう思った時点で東大の罠に引っかかってるでしょう。

 

恐らく東大は、漠然としたお題を出されても自分で伝えるべき内容を決め、それを相手に伝わるような言葉で表現する当たり前の能力を求めていると思います。

でもそれって難しいですよね。

僕が英作文にかける時間は20分もありません。

その限られた時間と緊張感の中で、東大の求めるレベルの高さをクリアするには日頃の積み重ねが必要だと思います。

 

まだ条件英作文シリーズは続くので、一緒に東大レベルに慣れていきましょう(๑•̀ㅂ•́)و✧

今回の英文で致命的なミスがある場合は、コメントで教えてくれるとありがたいです。よろしくお願いします。

 

*最後の問題の回答例

World history is what I believe is the most important thing I ever learned. It teaches us that there are, and have always been, different peoples with different backgrounds in the world. Such knowledge gives us a wider perspective on other ethnicities, which is necessary for us to promote mutual understanding between different ethnic groups in this age of globalization. (60 words)