むぎょうの受験体験記

むぎょうの受験体験記

浪人生活を記録していくブログです。東大理一志望。

【条件英作文⑥】東大入試から学ぶ条件英作文(遊戯)

f:id:ARBmugyou:20190526170644j:plain

 

こんばんは、むぎょうです。

 

条件英作文シリーズも今回でラスト。

最後に、僕が解いた中で面白かった問題を紹介して終わろうと思います。

気楽に見ていってください(^O^)/

 

 

遊戯①

 

f:id:ARBmugyou:20190526181433p:plain

東京大学(2003)


「グラフから何が言えるか」と問われているので、グラフから分かること以外を書いてはいけません。

例えば「CO2が増加して、気温が高くなっている」というのは完全な事実ではなく、自分勝手な解釈が入っています。

グラフから言えることは、「両者の間には相関関係があるかもしれないということだけです。特に理系でこの2つのグラフから因果関係を見出す人は危険ですね(・・;

 

40語という厳しい字数制限を考えると、グラフの変化を端的に書いて、両方の相関関係があるかもしれないことを示すのに精一杯です。

気温とCO2濃度について2文に分けて書くときは、別の表現を使ってください。

例えば、気温がis increasingと書いてCO2濃度もis increasingと同じ表現を繰り返しては、採点者に良い印象を与えられません。

 

増減の表現なんていっぱいあります。

答案はアピールする場なので、自分の豊富な表現力を積極的に示すためにも同じ表現は使わないことをオススメします(^^)/

 

では今回の答案例です。

According to these two graphs, the amount of carbon dioxide in the atmosphere has increased rapidly since 1950, and the global temperature has risen at the same time, though not regularly. Probably there is a link between these two changes.

 

 

遊戯②

 

f:id:ARBmugyou:20190526215434p:plain

東京大学(2018)

 

この問題は僕が受験する前年度の問題で、かなり印象深かったです。

「僕は来年こんな難しい問題出す大学受けるの!!?((((;゚Д゚))))」

と衝撃を受けました。

 

一見難しそうな問題にぶち当たっても、僕たちには最大の武器があります。

それは「問題文をよく読み、出題者が求めていることを書くこと」です笑

いつも通り、この切り口から攻めましょう!

 

そうすると、以下の2点を読み取れます。

①人には自分の顔が見えない

②別の人間という「鏡」を通して自分の姿を見る

 

「鏡」というのは「ありのままに映し出す」性質を持ちます。

ここから解釈・考えに繋げていきましょう。

 

例えば「私はブルータスにとってのキャシアスのように、自分では気づかない欠点について、色々と指摘してくれるのが真の友人だと思う」という解釈はどうでしょうか?

①のポイントは満たしています。

しかし、「相手の欠点を教えてあげる」というのは「ありのままに映し出す」という鏡の性質と離れているでしょう。

①②のポイント両方を踏まえた解釈をする必要があります。

それは例えば、「他人の行動を見て、あらためて自分が同じような行動をしていたことに気づく」とか「他人の自分に対する反応から自分の真の性格に気づく」などは、テーマに沿っているので高い評価が得られるでしょう。

 

では今回の答案例です。

Cassius' words remind me of something important about interpersonal relationship: the fact that every person you interact with is like a mirror, in which you see yourself. If you come to hate someone, for example, you will discover an aspect of yourself that is intolerant of that personality. Thus, to know about someone is to know more about yourself.

 

 

振り返り

 

全6回おつかれさまでした〜

この条件英作文シリーズを始めるきっかけは、単に僕が条件英作文得意だったからです。

記事作成にあたって去年の塾の教材や自分で書いた答案を引っ張り出し、僕自身の復習にもなって勉強になりました笑

 

何度も言っている通り、「問題文をよく読み、出題者が求めていることを書くこと」さえ気をつけていればなんとかなります。

僕が引用した東大条件英作文はほんの一部に過ぎません。

受験生の方は僕のブログで得た武器を持って、ガンガン過去問で演習を積みましょう!

 

お付き合いいただきありがとうございましたm(_ _)m