むぎょうの受験体験記

むぎょうの受験体験記

浪人生活を記録していくブログです。東大理一志望。

10/10(木) #Tokyo2020

国立オリンピック記念青少年センターで行われるオリンピックボランティアの共同研修に行ってきました。

今回の研修の目的は、オリンピック&パラリンピックを詳しく知ろう的な感じ。

平日というのもあって、周りは年配の方が多かったです。

予備校の授業はサボりました

 

f:id:ARBmugyou:20191010212030j:plain

会場に入って席に着くと、机の上にあった手提げ袋の中にこのようなものが入ってました。

(今回のボランティアにはCity Cast(都市ボランティア)とField Cast(大会ボランティア)の2種類があり、)僕はField Castの方なのでそれ用のハンドブックと"コクヨ様"から支給されたノート類、そしてDiversity&Inclusionとプリントされたステッカーですね。

 

それから3時間くらい、グループアクティビティを交えながらのレクチャーが続く…(=_=;)

一番興味深かったのは"障害"に対する理解度を深めるアクティビティでした。

まず「障害とは〇〇〇〇である」と自分で考えて書いて、そこからスタートして色々な話を聞き、最後にまた「障害とは〇〇〇〇である」を再考してグループで共有するって流れ。

僕は最初は「障害とは不自由(個人の能力)である」と書きました。

あまり考えたことが無かったのでお粗末な考えですね笑

実際に障害を抱えている方のお話を聞いて、考え方は変わりました。

最終的な考えは「障害とは社会と個人的能力によって生まれる不自由である」に変わりましたが、模範回答にはまだ遠かったです。

 

"障害"だけに関わらず、オリンピックでは多様な価値観を持った人々が集まります。

海外に比べてまだ身近な障害者への考え方でさえ改善の余地があり、この先がおもいやられました(~_~;)

Diversity&Inclusionの考え方を大会を通して身につける、これもTokyo2020に参加する目的として大事なのかもしれないな。

 

……ちなみに、1964年の今日の日付に東京オリンピックが開幕しました。

この記念にちなんで「体育の日」ができ、来年の2020年に限ってオリンピック開会式が開かれる7月24日が「スポーツの日」になるそうです。