むぎょうの受験体験記

むぎょうの受験体験記

浪人生活を記録していくブログです。東大理一志望。

11/19(火) 整骨院

※今日はいつにも増して日記

 

最近だと月に一回、左腰に痛みが走るようになりました。

2年近い受験勉強で溜まった疲労なのか、「姿勢が悪い」などが原因の(字義通りではない)"生活習慣病"なのか……

かがんだり歩くのさえ辛く、今日は予備校をサボr(歓喜)

 

もちろん勉強はしてます。

家でセンター2019を解いてました。

もうそろそろセンターを馬鹿に出来ない時期なんでね。

 

そして午後から親に無理やり連れて行かれた先が、整骨院。人生初。

勝手なイメージですが、年寄りorスポーツマンが行く場所って感じ。

担当してくださった方に聞いたところ、受験生も来ているのだとか。

僕のような腰ではなく、肩が一番多いそうです。

 

最初は手でほぐされ、その後に電気。

やっぱプロの人にやってもらうと気持ちよさが全然違いますね。

会話も盛り上がり、「浪人生なんです」って言ったら体験談を交えて受験について語ってくださり、なんかめっちゃ応援されました(^_^;)

美容院でもそうでしたが、受験って誰でも語れますよね。

浪人生であることを明かすと、まずその人の体験談から入り、僕が励まされ、最終的に入試制度改革についてめっちゃ議論するのが話の定石になりつつある……

 

電気は初めてでしたが、あまり痛くなかったです。

弱めにすると、ジェットバスでずっと泡が当たってるような感じ。

暖かくて気持ちよくなりました。

 

………とまぁこれだけなんでオチは無いんですが、話のかさ増しに本の話でもします。

大分前に読んで紹介しようと思ってたのに、忘れてた本がありました。

www.rakkousha.co.jp

名前の通りエネルギー関連の本で、対象は将来国を引っ張るエリート達(日本人ではない)。

だから難しいというわけでなく、寧ろわかりやすい。

そしてこの本の一番の魅力として挙げられるのは、政治的視点&数字を使って特定エネルギーの肩を持つことの無いようバイアスが排除されていること。

僕のようなエネルギー問題に最近興味を持ち始めた一般市民にとって、マスコミやしがらみの多い政治家、企業による情報操作を受けてない、これほど真実に近いエネルギー問題の実態について書かれた"教科書"は無いと思います。

エネルギーに関する事項は殆ど掘り下げられてて、それを知ってもらいたいので一番下に目次を貼っときます。

エネルギー問題について考えるに当たって、文字通り入門となる重要な本だと思うので、機会が巡ってきたらぜひ読んでみてください。

 

そして明日、メンタリストDaiGoさんが書いた本が出版されます。

kanki-pub.co.jp

定期的に自分の読書法に自信が持てなくなることがあり、ちょうど今感じてるので、彼と自分の読書法を対比させながら見直そうと思います。

 

 

目次

まえがき 7
はじめに 12

第1部 エネルギー災害 19
 第1章 福島原発事故 22
  メルトダウン 22
  放射能放出 27
  放射能がもたらす死 29
  デンバー線量 32
  最終結論:わたしたちはどうすればいいのか? 37

 

 第2章 メキシコ湾原油流出事故 40
  ディープウォーター・ホライズンの事故 44
  被害 48
  医原病 51

 

 第3章 地球温暖化と気候変動 56
  地球温暖化入門 57
  ティッピングポイント 72
  地域的変動 74
  ハリケーン 76
  竜巻 79
  極地の温暖化 80
  ホッケースティック 83
  海面上昇 86
  もし地球温暖化が脅威になるとしたら
  ──わたしたちはそれを止められるのか 88
  地球工学 97
  地球温暖化論争 99

 

第2部 エネルギー景観 105
 リサイクルされるエネルギー 110
 エネルギー安全保障 112

 

 第4章 天然ガス・思わぬ儲けもの 118
  水圧破砕と水平掘削 124
  シェールガスの埋蔵量 128
  海洋に眠るメタン 130
 
 第5章 液体エネルギー安全保障 134
  ハバート・ピーク 138

 

 第6章 シェールオイル 143

 

 第7章 エネルギー生産性 147 
  ノーリスク、非課税、
  年間純益一七・八パーセントの投資 149
  ノーリスク、非課税、
  年間純益二〇九パーセントの投資 154
  国ぐるみのエネルギー生産性政策 157
  そのほかの重要な投資 161
  クールルーフ/自動車の燃費の向上
  エネルギー効率のよい冷蔵庫
  マッキンゼーチャート
  環境にやさしそうでやさしくない対策 170
  バス/再生紙
  停電 172  
  スマートグリッド 177
  ケーススタディ
  カリフォルニアのスマートメーター

 

第3部 代替エネルギー 181
 第8章 太陽電池の急成長 188
  太陽光の物理 188
  太陽熱発電 190
  太陽電池 193
  シリコン/CdTe(テルルカドミウム
  CIGS(銅・インジウムガリウム・セレン)
  多接合太陽電池
  太陽電池に関する概要 204

 

 第9章 風力 206

 

 第10章 エネルギー貯蔵 215
  電池 215
  電池の物理と化学/将来の電池
  風を瓶詰にする:
  圧縮空気エネルギー貯蔵(CAES) 220
  フライホイール 222
  スーパーキャパシタ 225
  水素と燃料電池 227
  天然ガス 227
  
 第11章 原子力開発の急発展 229
  原子炉の爆発 230
  コスト 235
  小型モジュラー原子炉 238
  ウラニウムが枯渇する? 247
  核廃棄物貯蔵 248
  原子力開発の急発展 252

 

 第12章 核融合 255
  トカマク炉 258
  米国国立点火施設(NIF) 262
  ビーム核融合 266
  ミューオン核融合 269
  常温核融合 273

 

 第13章 バイオ燃料 280
  コーンエタノール 281
  生分解性素材はよくない? 283
  バイオ燃料モドキ 284
  セルロースからつくるエタノール 286
  藻類からくるエタノール 288

 

 第14章 合成燃料とハイテク化石燃料 290
  合成燃料 291
  炭層メタン 294
  炭層ガス化 295
  原油の増進回収(EOR) 297
  オイルサンド 298

 

 第15章 代替エネルギーのそのまた代替案
  ─水素、地熱、潮流、波力 301
  水素 301
  地熱 305
  潮力 309
  波力 313

 

 第16章 電気自動車 316
  電気自動車ブーム 319
  テスラロードスター/シボレーボルト/日産リーフ
  プラグイン・ハイブリド電気自動車 324
  鉛酸バッテリー 325  
  再充電時間 327
  燃費効率 328
  普通のハイブリッド車 329
  バッテリーの問題 332

 

 第17章 天然ガス自動車 334

 

 第18章 燃料電池 338

 

 第19章 クリーンな石炭 346

 

第4部 エネルギーとは何か 355
  エネルギーの特性 357
  食品と燃料と物体のエネルギー
  エネルギーとは物なのか?
  エネルギーの意味 361
  高校生や大学一年生が学ぶエネルギー
  大学二年生が学ぶエネルギー
  大学三年生が学ぶエネルギー
  大学四年生と大学院生が教わるエネルギー
  エネルギーの美しさ

 

第5部 未来の指導者への
  アドバイス 369
  エネルギー技術政策 373
  エネルギー生産性/天然ガス
  シェールオイル/合成燃料
  ハイブリッド車プラグインハイブリッド車
  原子力
  考慮すべき重要事項 378
  地球温暖化と中国
  エネルギー生産性に関する追加情報
  電力網とベンチャービジネス投資
  助成金/エネルギー災害
  要注意事項 384
  流行り物に要注意
  リスク便益の計算に要注意
  予防原則に要注意
  楽観主義バイアスと懐疑主義バイアスに要注意
  スローガンに要注意
  指導者が未来に遺すもの 389

 

注 394