むぎょうの受験体験記

むぎょうの受験体験記

浪人生活を記録していくブログです。東大理一志望。

【振り返り】大学入試センター試験プレテスト

※ネタバレあるので、解いてない人はブラウザバック推奨です。

振り返りつつ、勉強方針や戦略の見直しをしようと思います。

 

そういえば、数学と国語の記述式も見送りの方向で調整するそうですね。

あれだけ期待させといて、こんなもんか(´・ω・`)

…これ前も言ったな。

 

合計:747/900

文系科目&化学が"想定通り"崩壊しました。

 

倫理、政治・経済

点数:74/100

こればかりは戦略とか関係なしに、要は知ってるか知らないか勝負。

なので勉強方針について掘り下げます。

 

政治・経済は常識である程度解けるだろうと考え、直前までは倫理を中心に勉強してました。

今回のパートごとの正答率は、倫理:76%、政治:65%、経済:73%

 

どれも微妙といったところ。

ちなみにセンター本番では90%を目指してるので遠く及びません。

 

今回特に失点が多かったのは国際政治分野。

…核軍縮の順番とか覚えてます?

1963年:部分的核実験禁止条約(PTBT)

1968年:核拡散防止条約(NPT)

1996年:包括的核実験禁止条約(CTBT)

これらは世界の核軍縮

 

これとは別に米ソ間の軍縮条約があるそうです。

1969年:SALT(戦略兵器制限交渉)→1972年:SALTⅠ→1979年:SALTⅡ

1982年:START(戦略兵器削減交渉)→1991年:STARTⅠ→1993年:STARTⅡ

1987年:INF(中距離核戦力)全廃条約

2011年:新START

INFについては今年の8月にトランプさんが正式に離脱したらしいので、時事ネタとして覚えておいた方が良さそうです。

 

ということで、今後の勉強方針としては「結局全部やらないといけない」わけですよ。

今は倫理のフラッシュカードを作っている途中(殆ど兄に任せてる状態)なので、政治・経済を今年の内に強化していく方向にします。

過去問やって、参考書を文字通り参照する。

理系教科の勉強が一段落したら、参考書を本格的に読み進めようと思います。

 

国語

得点:135/200

第1問38点、第2問23点(´゚д゚`)、第3問30点、第4問44点

先日現代文の勉強法についてコメントで答えた人がこのザマですよ。

ホントお恥ずかしい。

 

センター国語って慣れてないと次の3ステップで死にます。

  1. 時間が無いことに気づく(東大国語とは大違い)
  2. 焦って文章や傍線部付近の読み込みが甘くなる。
  3. 2択になって絞りきれず、時間が勿体ないので文章のニュアンスで選ぶ

マークは答えが必ず選択肢にある反面、all or nothingゲーミング的な残酷な部分があります。

今日はそのことを思い知らされました……

記述式は部分点があってマジ神

 

時間配分についてですが、大体…

第1問22分→第2問26分→第3問17分→第4問15分。

これからの勉強次第ですが、本番は漢文や古文から解けるようにしたいです。

古漢が終わったら評論→小説。

評論はなるべく20分以内に、小説は25分以内に終わらせるのを理想としてます。

基本選択肢は消去法です。 

今回は時間がなくて徹底できませんでしたが、本番は時間がかかってでも消去法で解く予定なので、これからは消去法で時間内に収める練習をします。

目標は評論+小説90点、古文40点、漢文40点の計170点です。

現代文は評論の漢字や小説の意味の部分以外の失点を0にするのを目指します。

 

今は古文単語・漢文文法を中心に勉強していますが、これからは読解の練習も入れ、センター国語を1年分セットで解いて時間配分に慣れる必要性を感じました。

特に現代文は時間の使い方だけではなく、一度林先生のテキストを読み返して解き方から復習します。

 

英語

得点・筆記:175/200、リスニング:50/50

第2問での失点が8点、第3問以降の失点が17点。

第3問以降の失点が痛すぎる。

 

戦略としては、第3問から解き進めて長文系全て終わらせてから第1,2問に戻る。

やっぱり第3問以降の失点を0にしなければいけないので、最初の集中力が高い状態を全て長文に注ぎ込めるようにしています。

……去年まではこれが上手くハマってなのになぁ

 

ここ数日長文やってなかったけど、最近の間違える癖が出ました。

何かと言うと、ここが根拠だと本気で信じて間違えること。

これだと見直ししたときに意識に引っかかりにくいんですよね。

だって合ってると思ってるから、必然的に不安な問題ばかり見直すし。

この嫌な感覚(合ってると思って間違う)を消し去りたいです。

 

これからは色々試行錯誤してみます。

大問ごとに時間配分を考えたり、文章と問題の読む順番を変えたり、本文中の根拠となるところに線を引いたり。

長文ができないのはセンターだけの話ではないので、早く解決したいです。

 

数学

得点・ⅠA:98/100、ⅡB:94/100

ⅠAはヒストグラムの読み取り間違い。

ⅡBは展開ミスでドミノ倒し。

久しぶりにしょーもないミスばかりでした。

 

数学は時間との勝負なので、計算力と慣れ以外に戦略らしいことはないのですが…

ⅠAの選択だけは考える余地がありそうです。

僕は確率ではなく最後の図形問題を毎回選んでます。

図形問題を解いたら時間かかるしめっちゃ疲れてⅡBに響くのですが、それ以上に確率が苦手なんですよね。

こればっかりは対策する時間が勿体ないので、本番も確率は避けると思います。

 

ⅡBでは久しぶりに(そもそもセンター系が久しぶり)コケました。

余白が小さすぎて計算しづらいのが原因。

余白いっぱい作ってほしいと切に願います。

注意事項にページの切り離しを禁じられているので辛いものです。

あとⅠAⅡBの問題を表紙めくってすぐのところに持ってきてほしい。

 

化学、物理

得点・化学:76/100、物理:95/100

化学→物理って解いたのは、東大本番もこの順番で解こうと考えているからです。

これが唯一の戦略ですが、今回の模試で付け足すべき戦略を見つけました。

単純なことです。

「化学では消去法を優先すること」

今回はそれを怠ったがためのイージーミスが目立ちました。

 

あとは化学の知識抜けが多い。

早く新演習を1周して経験を呼び戻したいです。

 

毎回模試で思うのですが、早く解き終わったらもう一つの科目を解いていいのかと迷い、周りがどうしているか試験官に気づかれないように見渡しています。

これについて、大学入試センターの方で以下のように書かれていました。

f:id:ARBmugyou:20191213000444p:plain

「受験上の注意」を読んでも「60分以内に2科目解いてはいけない」という内容は見当たりませんでしたが、そもそも解答用紙が1枚しか手元にないそうです。

別に時間が足りないというわけではないので、万が一のことを避けて60分間は1科目に徹するのが良さそうです。