むぎょうの受験体験記

むぎょうの受験体験記

浪人生活を記録していくブログです。東大理一志望。

12/26(木) 今更気づいた違和感

今日も兄という名の閻魔(いや、閻魔という名の兄)に連れて行かれて、22時まで勉強三昧で地獄を見ました。。。

「今日」と言いつつも、記事がアップされた日はズレてるけどね^^;

もうヘトヘトだし、そこら辺気にする気力がないのでテキトーにやります。

 

先程「ちくま評論選」が届いたので中身を確認したのですが、予想の4倍くらい量があってセンターまでに終わらないことが確定しました\(^o^)/

「ちくま小説選」まで合わせると理系では有り得ない勉強量になるので、「ちくま評論選」の方だけコツコツやって東大までに間に合わせようと思います。

 

今日は魔が差したのか、立ち読みだけで満足できていたPythonの本を買ってしまいました……こんな時期に。。

shop.nikkeibp.co.jp

ここ最近兄といる時間が多くなって大学生活について話を聞いているうちに、プログラミングの重要性を再認識させられました。

多分それに煽られて買っちゃった……

大学決まったら使い始める教材を選別しているうちに、ついつい買っちまったよ。

 

本の題名から推察できますが、僕はプログラミング初心者です。

過去に学んだのはC言語とHTML,CSS,Javascriptをほんの少し程度。

それも活用法が見い出せず記憶から自然消去してしまいました。

その反省もあって、この本ならプログラミングを学ぶ有効性、活用法を正しく学ぶことができると感じたので立ち読みしてたのですが……つい、ね。

 

知的好奇心は不合格という破滅を引き起こしかねないので、今は本棚に飾っておこうと思います。

勉強の妨げにならないように。

そういえば最近本の話全くしないでもっぱら勉強の話ばかりでしたが、もちろん読書は続けてます。

今読んでいるのは朝永振一郎さんが編集した「物理の歴史」です。

www.chikumashobo.co.jp

この本読んで思うのは「物理を何に使うわけでもなく学生時代にただ単に学んだ人でも読んで救われる本」だということ。

……意味わからん笑

自分の考えが上手く説明できないのですが、言い換えると「この本を読んで得られる知的快楽のために”物理”を勉強してきたと言っても過言ではないほど面白い」ってこと。

う〜〜ん笑

まあ言いたいのは”物理を学んでも将来使わない人にも「最後にこれでも読んでいけば?」とオススメできる本"だということ。

……はぁ(諦念)

勉強で疲れてる帰りの電車で読んでます。

 

んでようやく題名の話ですが、最近人のブログ読んでいて思うんですよね。

「みんな文章が固くなくて面白いなぁ」と。

それで自分の書いた過去の記事を振り返るとまぁ固い。

一体誰に向けて書いてるんだ?ってぐらい冷淡なブログだなぁと感じます(血涙)

自分の人間性を押さえつけていてコレなのか、開放していてこれなのか……後者ならなんてつまらない人間なんだ……僕は。。

自己憐憫にすら浸れねぇ(´・ω・`)