むぎょうの受験体験記

むぎょうの受験体験記

浪人生活を記録していくブログです。東大理一志望。

1/21(火) 35000円の精神安定剤

※愚痴回です。受験前の貴重な時間を無駄にしたくない人は今すぐ閉じることをオススメします。

 

現段階で決まってる併願は…

  • 理科大・理工・物理・B方式
  • 慶応・理工・A
  • 早大・先進理工・応用物理
  • 明治・理工・物理・センター利用

てな感じで、合格可能性は順に

理科大>慶応>早稲田>明治

という具合です。

 

 

……最近母の精神状態が悪いんですよ。

僕は理科大を滑り止めと考えていたのですが、母はそれでも安心できないらしく今日いきなり「上智出すから仕事早退する!」って言われました。

んで兄と僕と母の3人で上智を考えたけど、入学金手続き締切日が早すぎるということで断念。

それでも食い下がる母を誰も止めることはできず、僕は渋々「そんなに心配なら明治の一般出そうか」と提案する始末に。

それで一旦話は終わり、僕と兄で勉強しに出かけました。

ちなみに上智と明治の一般の日程は同じです。

 

……まずここで母の精神状態が良くないことがわかるポイント①

上智の募集要項をろくに調べずに仕事を早退した」

まぁ上智のネット出願が今日の17時までだったことも原因の1つでしょうが、それにしても焦りすぎてる。。

 

話はもっと理解不能な方向に進みます。

 

カフェで勉強している途中、母から電話があり…

「やっぱり上智出していい?」

「出さないと心配で◎$♪×△¥○&?#$!(以下略)」

と言われました。

 

??!!!!!????????

まず僕は「明治出すのに同じ入試日の上智出してどうすんの!?」と当然の反論を出しました。

でも母は上智出すの一点張り。

僕は母の行動が”理解不可能”だと結論を下し、ここで対立して受験前の家庭の雰囲気が悪化することを回避するために嫌々ながら「じゃあ出せばいいんじゃない」と母に伝えました。

受験料の35000円を無駄にするのを承知して。

母がこれで落ち着くのであれば安いものだと自分に言い聞かせながら。

 

 

ここまで話を聞いて僕の母の行動原理が理解できるでしょうか?

僕の足りない頭で考え出せるとしたら

「昨年1校も合格していない事実が母にとって相当なトラウマであり、今回の常識を逸脱した行動はそれに起因するものだ」

ということのみ。

 

 

いやいや……やっぱり同じ入試日の大学を2つ出すのは理解できねぇ。

 

 

本当は今日更新する予定なかったのですが、奇想天外でブロガーにとっては記事にしたいネタを仕入れたので書いちゃいました笑

明後日駿台のセンターリサーチが出るので、またそのときに(^^)/~~~